安全な床

ペットがいても傷が気にならない床に仕上げる業者選び

施工業者を選ぼう

部屋

ペットのいる家庭でも安心な施工方法

フロアコーティングの種類には、色んな種類があります。そのため、どういった目的で施工を行なうのかでしっかりと選ぶことが大切と言われています。例えば、ペットの爪による引っ掻き傷が気になるという人は被膜の堅いコーティング剤を使わなければいけません。ペットが滑る床の原因を取り除きたい場合は、滑りにくい床にするための施工を行なう必要があります。業者の中には、ペットの居る家庭に合わせて行なう施工方法に詳しい業者もあるため、どういった施工方法を行なっているのか、得意としているのかで選んでみましょう。

安全面に配慮している業者

フロアコーティングに使うコーティング材の中には、舐めると体に害を与えてしまう可能性のあるタイプもあります。ペットとして多く飼われている犬や猫は床を舐めてしまうことがあるため、注意しましょう、ペットの健康を考えた上で施工をしたいという人は、体に与える害が少ないタイプを選んで下さい。無機化合物で作られているガラスコーティングや、シリコンコーティングは比較的害の少ないタイプと言われています。こういったものを扱っている業者で施工すれば、ペットがいても安心ですね。

業者の評判で選ぶ

施工業者の種類が多すぎて選ぶことができないという人は、口コミで評判を確かめてみましょう。口コミには、実際に業者を利用したことがある人の意見や感想が記載されているため、参考にすることができます。滑る原因を無くすために、フロアコーティングの施工をしたいという人は、施工後本当に滑りにくくなっているのかも確認しておくと安心です。

気になる床事情

本当おしっこのシミはつきにくくなるの?

はい、ある程度は防ぐことができます。粗相をしてしまって、拭き取る時間があまりにも長い場合は確実に防ぐことができるとは言い切れませんが、長い時間ではなく短い時間ならシミがつくのを防げます。

堅い被膜にするならどれが良い?

床の表面に傷をつけにくくしたいという人は、ガラスコーティングやUVコーティングといったコーティング材を使ってみて下さい。他の種類よりも、堅い被膜で床を覆うことができるため傷つきにくい床に仕上げることができます。

清潔な状態を維持しやすいの?

はい。フロアコーティングをすることで、床の表面に被膜を張ることができるので床に汚れがつきにくくなります。そのため、簡単な拭き掃除で床の汚れを取り除くことが可能です。水なども染み込みにくくなるため、床のシミ対策にも効果を発揮します。

ペット用の施工とかできる?

できます。ペットの安全を守るために、なるべく害にならない種類のコーティング材を使うことができるためペットの居る家庭でも安心して施工することが可能と言われています。そのため、気になる人は事前にコーティング材の成分などを確認しておきましょう。

どうやって業者を選べばいいの?

施工業者を選ぶときは、インターネット上の口コミサイトなどを参考にしてみてください。実際に業者を利用したことがある人の意見や感想などを見ることができるため、業者選びの参考にすることができ便利です。ビフォーアフターの写真も見ることもできる場合がありますよ。

知っておこう

部屋

施工業者を選ぼう

フロアコーティングをするなら、業者の選び方にも注意しましょう。業者の選び方次第で、満足度が大きく変わってしまいます。選び方はインターネットや、口コミサイトで調べることができるので気になる人は調べてみましょう。

READ MORE
広告募集中